美容外科のパート求人に応募しました

でも、幼稚園を辞めることに…

ただ子供も素直で可愛らしい子が多いのですが、保護者の中には癖のある人が結構いて悩まされることがありました。
保護者との意思疎通を良くするために、交換日記制度というのが導入されていますが、そこにはクレームと判断できるような暴言も多くて、精神的に疲れることがありました。
先輩教諭に相談してみると、そういう人もいるけれど柔軟に対処していくしかないといわれて、解決する道筋はたてられませんでした。
そのうち、幼稚園に通うことすら嫌になってきて、休日も外出することがなくなりました。
そんな様子を見た両親は心配してくれて、仕事よりも自分の体を考えたほうがいいと言ってくれました。
それまでは働き始めたばかりなのに仕事を投げ出すのは人間として失格だと思い詰めていました。

美容外科の看護師になりたいかも。実際に整形のときみて厳しそうだったけど

— パパ活るびー(19) (@sd0E0dgPUytkWDC) 2018年9月18日
しかし両親の言葉で、逃げ出す勇気も必要だと思ったので、園長先生に相談することにしました。
園長先生に怒られるかもしれないという不安はありましたが、すでに心が限界になっていました。
園長先生は真摯に話を聞いてくれる、実は昔、自分も幼稚園の仕事が嫌になって離職したことがあると教えてくれて驚きました。
それだけハードな仕事であることは自分も理解しているから、やめるときめたら引き止めないけれど、いつでも戻ってきてねと言ってくれました。
とてもありがたい言葉をもらったと感動しましたが、幼稚園を辞める意志に揺らぎはありませんでした。

幼稚園の先生になったでも、幼稚園を辞めることに…美容外科で受付のパートを