住宅ローンシミュレーション 634

634くんごあいさつ

今、住宅ローン減税やインフレターゲットといった政府の
方向性により住宅ローンを検討している方は多いのでは?
そんな方々に私、住宅ローンアドバイザーの634(むさし)
私なりのスタイルになりますが
住宅ローンについてご案内したいと思います。
※当サイトでは小口融資については案内しません。
個人向けの小口融資、キャッシング・ローンは安心キャッシングさん等々の
情報サイトさんでどうぞ。

まずは綿密な計画を

住宅ローンは計画をして損をしないようにしましょう。
小額のローン、数百万円のローンであれば頭金などは
用意をしなくてもざっくりとした計画で借りることもあるかと
思いますが、住宅ローンとなると1000万円~6000万円くらいです
よね。人によってはもっと高額のローンを組むかもしれません。
年利と返済年数によっては下の図くらい違うということを
ご存知ですか。

Aさん

年齢 35歳
年収 1500万円
ローン 4000万円
返済年数 30年

いかがでしょうか。
頭金の1千万円を用意しているのといないのでは
総返済額にこれほどまでの差が生まれてしまいます。
できるだけ頭金は用意してからのほうがいいといえます。

頭金は用意できるなら用意した方がいいんです。
返済が楽になるというメリットが生まれるからです。頭金をそこそこ用意できて、同じ期間で返済すれば月々の返済額が低く設定できます。 お金に余裕があれば早めに返済していくことで随分早く返済できるかと思います。ただし、頭金を貯めてまで用意した方がいいのか…と言われると悩みどころです。

頭金を用意する?

だけど今借りないと物価が上がったりしリとか。。。
ですが冒頭で言ったとおり、経済の状況などでは
物価などの上昇があるかもしれません。
1000万円貯めていざ家を買うぞ!となったとき下手すると
今よりも家の相場が高くなっている可能性があるかと思います。
またこれから1000万円貯めるとなると何年かかるのだ
という話にもなるでしょう。

例えば今の家賃が10万円で1000万円貯めるのに5年かけたと
しましょう。1年(12ヵ月)×5年×10万円=600万円
という家賃を支払うということになるかと思います。
これは各々の生活環境によって損得が変わってくるのでなんとも
という点もありますが、もしもそういった諸々の都合で頭金なしで
借り入れをしたいのであれば、まず借りてから繰り上げ返済等を
していくという手段を取った方がいいでしょう。

例えば先ほどの計算からすると、5年間で600万円の家賃が
かかっていたと仮想設定し毎月10万円を貯めるなどする。
最初から10万円も返済に入れればいいといえばそうかも知れませんが
それはあまり多く払い過ぎると家計を圧迫するかもしれませんので
貯められる限り貯めてみるという考え方です。(これは634的考えです)

そして例えばうまく5年後に600万貯めることができたら繰り上げ返済
をしていくというスタイルです。

634くんおしらせ・ニュースなど

2013年11月29日、各銀行から金利の変動が報告されています。
住宅ローンをこれから借りる方も要チェックですね。

住宅系で家を売りたい方向けの情報も掲載していきます。

住宅といってもアパートや一戸建てなどありますが中でも売りに出すのはマンション 査定が母数としては多いのでは?最近、タワマンの修繕費など話題にも上がっていましたし、高層マンションは住んでみて合わなかったというケースもあると思います。でも人気なので買い手は結構多いと思います。